【アメリカでゴルフはおすすめ!】予約の方法から当日の流れまで】

 
Nokko
日本で前に、少しゴルフやったことあるけどやめてしまった、もしくは、旦那がゴルフ好きで!という人には、アメリカで自分もゴルフをすることおすすめします。もちろん打ちっぱなし(driving range)もたくさんありますが、アメリカは、なんといってもコースが安いです!日本では敷居の高いゴルフコースデビュー。アメリカで経験するのはいかがでしょう!?予約の方法から当日の流れまで説明します~!

海外赴任中の暇つぶしには、ゴルフはおすすめです!

おすすめポイント1、日本よりずっと安いです!

コースの値段はピンキリですが、お手頃なお値段のコースもたくさんあります!私の住んでいたミシガンだと、18ホールカート付で30ドル(3000円~3500円)前後からあり、シーズンオフの時期やクーポンなどのサイトではもっと安かったりもします。9ホールではさらにもっと安いです。ただし、ハワイで一度プレイしたときは日本並みの値段でしたので、アメリカでも場所に寄ります。

 
Nokko
私の最安値は、普通にホームページ上のセールで18ドル(2,000円くらい)でカート付18ホールです。お友達は、グルーポンで14ドルで18ホールカート付で回ったと言っていました。

おすすめポイント2、日本よりずっと敷居が低いです!

空いていれば予約も前日でも間に合いますし、平日ならふらっと行っても空いていれば入れます。アメリカのゴルフ場では、襟付きの服を着ていない人もたくさんいます。更衣室がないことが多いので、みんなゴルフする格好でゴルフ場に直接来て、終わったらそのまま帰ります。

 
Nokko
私は、サンダルで打ってるおばあちゃんも見かけました!Tシャツ、短パンの方もけっこう見かけました。格好もプレイスタイルもカジュアルです。アジア系の方はちゃんと襟付きを着てるイメージです。

カートでフェアウェイまで入れます。もし変なところに打ってしまってもカートでどこまでも追えます。ボールが隣のコースまで行ってしまっても取りに行けます。アメリカの人で、失敗してもう一回打たせて!とか言って打っている人もいました。

9ホール終わって休憩する人もいれば、休憩なしでそのまま18ホール回る人もいます。プレイが遅れているときは、後ろの人に先に行ってもらったりすることもあります。

おすすめポイント3、ゴルフ場がたくさんあり、広くて気持ちがいいです

日本に比べて広くて平坦なコースが多いです。ゴルフ場がたくさんあるので、家から10分とかでゴルフ場に着けます。そして、景色がすばらしいです。途中動物もたくさん出てきます。カートでゴルフ場を回るだけでもテンション上がること間違いなしです。

 
Nokko
ゴルフ中、リス、ガチョウ、七面鳥などなどいろんな動物と遭遇しました。カート用の道も整備されていないことが多いので、カートに乗っているだけでもアドベンチャー気分を味わえます。
 

おすすめポイント4、子供と一緒に回れます

ゴルフ場によってはジュニア用のコースがあったり、夏休み中にはジュニア用にサマーキャンプを開催しているゴルフ場もあります。そういうゴルフ場は、子供と一緒に回れます。

子どもとゴルフ
 
Nokko
私も、7歳の娘と一緒にゴルフコースを回りましたウォルマートで70ドルくらいでジュニア用のゴルフセットが売っていました。私はレディースティーから9ホール、娘の用のコースは、さらに短いジュニア用の場所からで7ホールでした。ジュニア用の料金は安く設定されているのでおすすめです!夏休みの、娘とのいい思い出です。

アメリカでゴルフを予約する方法

予約はホームページやクーポンサイト、電話、直接行って伝えるなどの方法があります

最近は、ホームページに行くとそのままティータイムを予約する画面があったり、golfnowのようなゴルフ専門の予約サイトで予約したり、グルーポンなどのクーポンのサイトにゴルフ場が出ていたり、webですべて予約できるところもたくさんあります。ホームページにティータイムを予約する画面がない場合は、電話して予約します。

 
Nokko
Webで予約する場合、予約だけでできるところと、予約と同時に入金しなくてはいけないところとありました。Webで予約する際、先に入金しなくてはいけないという場合は、私は電話で予約するようにしていました。I want to book a tee time.で行けました。そのあと、名前や電話番号、希望する日程を伝えます。最初のころは、電話も自信がなかったので、直接ゴルフ場に行って予約していました。

アメリカでゴルフする場合の流れ

ゴルフ場に着いたらチェックインします

アメリカでゴルフ、チェックイン
アメリカでゴルフ、チェックイン

クラブハウスの中か、ショップの中に受付があるのでチェックインします。予約した場合は名前とティータイムの時間を伝えればOK,予約なしの場合は I’d like to walk-in.で、空いている一番近いティータイムを教えてもらえます。人数と、18ホールか9ホールか、カートに乗るか(ride)乗らないか(乗らないで、歩いて回る人もけっこういます!)を伝え、まとめて一人が払うか、それぞれ別で払うか(separete)を伝え、お金を払います。カートの鍵がある場合は鍵をもらい、スコアカードと鉛筆をもらいます。

カートの鍵とスコアカード
 
Nokko
カートの鍵がもらえる場合と、カートにもうすでに鍵が付いている場合とありました。カートは番号が書いてあって、番号が指定されることもあれば、適当にどれでも好きなの乗ってって~と言われる場合もあります。料金の高いコースの場合、カートの質がいいです。雨よけがついていたり、エンジンがパワフルだったりします。

カートに乗ってゴルフバックを乗せ、コースに向かいます

ゴルフカート

ゴルフカートは、車の駐車場まで乗っていくことができます。そこでゴルフバックを乗せて、準備完了!ティータイムまで時間があれば、少し練習することもできます。パターの練習場はクラブハウスの前に大体ついています。

ゴルフが終わったら、カートをcart returnに戻して終了です

 
Nokko
チェックアウトは必要ありません。9ホールでクラブハウスに戻ってくるので、そこで一度トイレ休憩やランチ休憩をはさんだり、休憩なしでそのまま10ホール目に向かう人もいます。休憩中は、クラブハウスの前にカートを置いておいて、休憩後再開します。コース上にもたまに仮設トイレがあります。
打ちっぱなしに何回か行ったら、ぜひコースを体験してみてください!
 
Nokko
日本に本帰国後、コースデビューしてきました。アメリカでのゴルフとはまた違ったゴルフを味わえます。もし、アメリカでゴルフにハマったら日本でもぜひ行ってみてください。日本でのコースデビューのレポはこちら↓
 
関連記事

アメリカでの海外赴任中、ゴルフに興味が少しでもある方は日本よりずっと安いので、赴任中に絶対やったほうが良いよ~!という記事は以前書きました。アメリカでのゴルフはとてもラフでカジュアルでした。アメリカのお気楽ゴルフしかやってこなかったので、[…]

アメリカでスポーツ(ゴルフなど)の最新記事8件